セバスチャン・サルガド講演会全文

  • 2009.10.23 Friday
  • 23:18


サルガドスピーチ全文 〜Speech by Sebastiao Salgado
2009年10月23日@加計塚小学校
東京都写真美術館"AFRICA"展オープニング


アフリカに住んでいる人は、黒い色をして、部族独特の習慣をもち、一見すると日本とは全く違うように見える国ですが、実際はとても日本に近い国だと思います。むしろほとんど日本だ、と言っても過言ではないと思うほどです。私の祖国ブラジルには、かつて多くの日本人が移り住みました。今や日系のブラジル人は珍しい存在ではなくなり、完璧に同化しています。また、同じ様にアフリカ人もブラジルに来ていて、現在は人種の多くをアフリカの血が占めています。

違う国でも大切な事というのは同じです。どの国の人々でも唄を唄えば楽しいと感じますし、子供が喜ぶ顔を見ればその母は嬉しいと思うものです。しかし、この広い世界ではひとつ、大きな違いがあります。それは、経済的な豊かさです。日本のように豊かな国もあれば、アフリカのように貧しい国もあります。アフリカは暴力や大飢饉がある危険な所だと思われているかもしれませんが、日本も60年前は同じ状況だったのではないでしょうか。現在のアフリカは、まさに60年前の日本と同じ状況だと言えるでしょう。それでもアフリカという国の姿を見てほしいのです。戦争や自然の猛威などの理由で、確かに痛めつけられた姿もありますが、自然や動物は本当に美しく残されているのです。


*Genesis Project*

私たちは今不思議な時に生きています。世界のあらゆる会議で二酸化炭素の問題や、貧困の国々の問題、あるいは各国の格差社会についてなど色々な事を話し合っています。しかし、一方でそのやり取りは物事の本質からずれてきているのではないでしょうか。本当のソリューション、解決策がなんであるかを私は考えたいと思いました。

この世界の富の大部分を独り占めしている所があり、その反面、生きて行くのがやっとという人も数多くいる。それは格差が広がっていると言う事です。私は日本工芸大学でワークショップを毎年開いていますが、その授業で"あなたの見た日本"を撮影してきてもらい、その撮影してきた写真を見たら、多くの学生が日本の貧困の姿を写してきました。私はそのとき、日本にも経済格差が確かにあること毎年強く感じるのです。しかし、日本に限らず、アメリカも、ヨーロッパも、格差社会は驚く程のスピードで広まっています。

快適さを求めるが故に、自分たちのためだけに地球の大切な自然を破壊しています。日本のものすごいスピードで進められた都市化と同様、中国やインドでも同じ傾向が見られ、どんどん自然とのコンタクトが減少しています。これは「自分たちだけ」という傲慢な考えを私たちが持っているからに他なりません。今ほど沢山の食料が生み出され、逆に飢饉で死に絶える者がいる時代は無いでしょう。核エネルギーもどう使用してよいかわからず、爆弾にするしか手だてはなく、無駄使いや無駄な消費は土壌の汚染を呼んでいます。そして、森林破壊は北半球で顕著に進んでおり、生物の多様性が失われてきています。つまりは生きるための大切なエレメントが失われてきているということです。人間は自然の一部です。自然と共存していままで生きてきました。けれども今それを破壊しているという現実を見る必要があるのです。

(ちょっと余談ですが・・・と切り出し、妻レリアとブラジルで植林をした話をする。)

私はやはり写真家ですから、写真で環境に何か貢献出来ないか、ということを常に考えています。そこで、今まで写真集や写真展のデザインを担当してきた妻のレリアと共に新しい切り口で、写真を使った自然へのアプローチを考え企画を進めて参りました。

"地球のアンバランス"についての話をしました。それは、「君は動物のようだね。」と言われたら「なんだと。」と怒るだろう人々へ送りたい話です。リサーチをしたら、まだ地球の46パーセントはジェネシス(起源時)と同じ状況にあると気がついたのです。46パーセントが自然な状態というのは、海面を除いての話です。例えば、その46パーセントのうちいくらかは、砂漠ですし、熱帯雨林ですし、寒冷地の森林、あるいは高山地帯でもあります。ジェネシスプロジェクトとは、そこに行って、写真を撮って、みんなが見た事の無い景色を見せる、というコンセプトの元に始めました。それで、その写真から真の意味での地球の自然の素晴らしさに気づいてほしいのです。

それは写真が生まれた100年前に、海外や他の世界の風景など、それらの世界を実際に見た事のない人たちが、その景色の写真を見て感動しただろう、という事に似ています。僕はこの現代でそういうことをしたいのです。それで、自分たちは自然の一部だと確認をしてもらいたいのです。ひいては、写真というものが、自然を保護し得る一つの手段になればいいと思うのです。

そこでこのジェネシスプロジェクトは期間を限定させることにしました。写真家の仕事は、だらだらとしないためにも期間を限定させなくてはならないのです。設定した期間は、8年間です。8年あれば30個くらいのルポルタージュが出来るだろうと考えています。それで、どうすれば、その30個という数字で"私の見る地球"を表現出来るかを考えました。

そのためにジェネシスプロジェクトを4つのチャプターに分けました。1つ目は自然、風景の写真です。見た人が溶け込めるような、あるいは写真から風景の威厳が伝わる様な写真に出来ればと思っています。2つ目は、動物です。私はこれまで、人間にしかレンズを向けませんでしたが、ゴリラや象、またはクジラなどの動物にも、人々に個性があるように、彼らにも個性があると思い、その動物達はチャプターの一つを占めるに至ったのです。3つ目は、コミュニティです。それも、初期段階にある人間のコミュニティで、いわゆるブッシュマンなどがそれにあたります。アマゾンでも1600年前と同じスタイルで今も生きている人々がいることなどを知ってほしいと思います。4つ目は、自然との調和です。動物と、家畜と、水と、自然と調和する部族の生活で表現したいと思っています。

最後に、このジェネシスプロジェクトがどのようにして皆さんに届くかと言うと、今回は今までよりも民主的なアプローチを試みたいと思っています。野外の公園で大きな写真展を開けば多くの道行く一般の方々が見るでしょうし、そういう公の場所からのアプローチです。みんなが何気なく見る所、というテーマで写真展示を行いたいのです。また、本の出版をこれから同時に進めて行きます。高価な写真集ではなく、安価なもので、出来れば一家に一冊置いてもらえる様なレヴェルの写真集をつくりたいと思っています。あとは、映画もつくっています。丁度ヴィム・ヴェンダースが今映像を撮ってくれている所です。

これらのアプローチに触れた皆さんが、地球の一部であることを思い出して貰えたら嬉しいと思います。そしてグローバルな視点で物事を考えられるようになれたら、それほどの喜びは他にありません。本日はお越しいただき本当にありがとうございました。


*Q&Aの時間*

質問は3つ。その殆どはちぐはぐな答えでしたが・・・。

1.都市でもジェネシスはありますか?
→私は数日前に屋久島に行きました。
それを見て希望を感じました。

2.セバスチャン・サルガドさんを人間として、
写真家として動かしているものはなんですか?
→人間としてとか、写真家として、とか、そういった区別はありません。
私は写真を撮っている時も、私という人間ですから。
写真を撮る事は自分の生き方を提示するという事なのです。
写真とは色濃く物事が写る瞬間を捉えています。
この濃縮された瞬間こそ、私の歴史そのものなのです。


3.なんでモノクロしか撮らないのですか?
→写真家はカラー専門、モノクロ専門とあって両立するのはなかなか難しいものです。
白黒は撮影した時に既に抽象化されています。
白黒の写真を見た人は自分の頭の中で色を造りだす事が出来ます。
それは個人にゆだねる部分が多いという事で、
言い換えれば私の写真が、見た人の写真にもなり得る可能性がある、ということです。
だから、カラーが出てきた時にもモノクロは消えませんでした。
私はモノクロの抽象化の力を信じているからモノクロで撮っています。
そして、これからもモノクロで撮影を続けていくと確信しています。

肖像写真

  • 2007.08.08 Wednesday
  • 00:40

風が吹く。
雲が流れる。
ベンチに置いた本がめくれる。

さっき読んだエッセイのタイトル。
『肖像写真』
確か、土門拳が書いた。


肖像写真とは、歴史的、社会的存在としての個人を記録する物である。
地球上に二十億の人間がいれば、二十億の顔がある。
そして、ひとつも同じ顔はない。

美しい顔というのは、感情の漂白を控えめにした顔である。
昔から伏し目がちという。

女の顔は、やや上から見下ろしたときが、一番美しいと言われる。
大体、間違いない。

その人らしいという事と、
その人という事は、
必ずしも一致しない。

あまりにも間がいい写真は嘘になる。

気力は眼にでる。
生活は顔にでる。
教養は声にでる。
しかし、悲しいかな。
声は、写真のモチーフにならない。

心に秘められた感情は、口の周りにでる。
年は後ろ姿にでる。
悲しみも...

あらゆる芸術がそうであるように
芸術の最高の段階は、
手段を忘れしめるところにある。
つまり、写真が写真である事を
見る人に忘れしめる所にある。

ライティングは、強調と省略の手段である。
ローアングルは、モチーフを抽象する。
ハイアングルは、モチーフを説明する。

ピントは、瞳に。
絞りは、絞れるだけ絞り、
シャッターは、早く切れるだけ早く切る。

いい写真という物は、
写したのではなくて、
写ったのである。

肖像写真とは、
カメラを通して描く、
写される人自身の、
いわば自画像である。



風は渦巻く様に舞い上がる。
ベンチに置いた本はひっくり返った。
ホウッという風の音は
壁にあたると低くなり、
草にあたると高くなる。

カメラを通して描かれる。
静かな風の詩を聞く。

ソラノイロ

  • 2007.08.03 Friday
  • 15:15

ソラノイロ。
色は音の様。
空に柔らかに響く。


ソラノイロ。
光が空に作る色。
風が流す光の色。


ソラノイロ。
水の様に染み込む。
目を閉じて瞼に残る色。

世界を巡る人

  • 2007.06.19 Tuesday
  • 23:32

事務所から渋谷までの道のり、
明治通りに写真を広げて座り込む
ポーランド人の旅人がいた。

友達に書いてもらっただろうボードには
「ポーランドから来ました。
旅をしながら写真を撮っています。
値段はあなたが決めて下さい。
120カ国を巡りました。
お願いします。」
とあり、気づくと立ち止まってました。

立ち止まったらすぐさま話しかけられた。
「トイレに行きたいから写真みはってて。」

「あ、はい。」

「お待たせ、ごめんね。」

「いえいえ」
って日本語かなり流暢。
勉強も何もしてないらしく
ただ日本に何回か来て、
それで路上で覚えたとのこと。
写真もですけど、その頭の良さに驚き。

120カ国の想い出を写真とともに話してもらった。
自分は単純だ。予想通り旅がしたくなった。
もう明日にでも出国したい気分。

迷いながら手にとった一枚。
写真の上に「smile」と落書きされてた。

「これ落書きしちゃった。」
照れながら言う彼は旅人だ。

僕が千円を手渡すと、彼は油性ペンを取り
"Love Kaza" とまた落書きをしてくれた。
「また落書きしちゃった。」
照れながら言う彼は輝いてる。

別れ際に握手を交わして、僕は英語でさよならを言った。
「good luck!」

「ありがとう」
即答の日本語に負けた気がした。
でも、とても気分がよくなった。
世界中に彼の様な人がもっともっと増えたらいいと思った。

モリノコトバ

  • 2007.06.18 Monday
  • 19:04

みんなが寝静まる頃、
僕はただ考えてる。
遠くの月を見ながら。

遠くの月は柔らかく光る。
月には黄色い花が咲いてる。
だから、明るい。

みんなが寝静まる頃、
僕はただ考えてる。
遠くの国を見ながら。

僕らはどこかが欠けている。
欠けてる物を補おうとしてる。
北に住む人は南を求めるように。

みんなが寝静まる頃、
僕はただ考えてる。
遠くの森を見ながら。

遠くの森には雨が降ってる。
雨粒は葉にあたると4つにはじける。
落ちた雫は大地を濡らす。

みんなが寝静まる頃、
僕はただ考えてる。
遠くの君を見ながら。

僕は眠らない。
子供の時はよく眠ったけど、
大人になったらもう眠らない。



--------------------フクロウ情報--------------------
・フクロウ症候群という病気について
  昼に寝ると夜眠れない。
  自閉症などの一部の現代病の通称。

リンゴの木に住むフクロウ
  リンゴ園の木に住み着いちゃったフクロウ。
  可愛い写真が載ってたのでリンクさせて頂きました。

色々なフクロウの人形
  フクロウは幸せの象徴らしいです。
  古代マヤ文明やメキシコ文明でも幸福のシンボルだったようです。

フクロウ最中
  仲庵というお店のフクロウ最中。
  食べた事ないけど。

パリのアンティークグラスとシャンデリア

  • 2007.06.15 Friday
  • 15:15

Photo. Leica SUMILLUX ASPH. 50mm f/1.4

掃除をしてたら仰々しい箱が出てきた。
発泡スチロールに包まれてグラスが入っている。
表面にParisと刻まれた金の細工がある。
なんとなくカップルの会話が聞こえてきた。

「このグラス、シャンデリアの絵が描いてあるだろう。
これはパリのアンティーク屋で買ったんだ。
あの時とまったホテルでみたシャンデリア、
忘れられないくらい奇麗だった。」

「なぁ、このシャンデリアがもう一度
火を灯った所を見てみたくないか?」

「どうするかわからないって?」

グラスを水で満たす。
相変わらずグラスはグラスのままだ。
外に出て数分あるくといい場所を見つけたのか、
高台にゆっくりとグラスを置いた。

「よし、この角度がいいな。
ほら、この場所からグラスを見てごらん」

夕暮れの空を映したグラスの表面。
シャンデリアにはちょうど太陽の火が灯っていた。

・・・
ハッ。
いやいや、完璧な妄想族になってしまいました笑
一人で三脚とグラスもって夕日をバックにコレですよ。
現実とは程遠いストーリィ笑


バリエーションとしてホワイトバランスを
あえてタングステン灯にセットしてもう一枚撮影しました。

Photo. Leica SUMILLUX ASPH. 50mm f/1.4

水窓 -新江ノ島水族館-

  • 2007.06.04 Monday
  • 00:02

ここの丸い窓が一番奇麗でした。
中にいる魚は岩陰に隠れた
この丸い窓に寄ってきてくれないのですが、
それでも透き通る深い青は
大水槽ならではの味のある輝きでした。
これを持ち水窓シリーズ3部作完結^^;


新江ノ島水族館小田急のバックアップの元
今や超人気のデートスポット。
土日は満員でゆっくり見れない覚悟を。
しかも入場料はなんと2000円。
これには正直おどろきました。。
ちなみに年間パスポートは4000円です。

ですが、潮風を感じる向かいの湾岸道路は爽快。
ぼーっとしてるだけで時間が経つのを忘れます。
ただ今は丁度新江ノ島水族館の裏手が工事中。
今年いっぱいはやっているのか、
多分大型ショッピングモールなど建設中かと。
ちょっと寂しい風景ですが、
サーファーはそんなことおかまいなし。
大勢波乗りしてました。
そんな季節ですね。

水窓 -八景島シーパラダイス-

  • 2007.06.03 Sunday
  • 21:12

八景島シーパラダイス
水族館と遊園地のレジャー施設。
人気はそこそこ。
公共機関でのアクセスの悪さと
値段の高さがネックか。
最寄り駅についてからもテーマパークまで
結構歩かなくてはならないです。

と、批判から始りましたが
とても楽しい(・∀・)!
管理人のお気に入りスポットに追加。
ここの水族館は本格的で十分に楽しめます。
展示の水槽はもう少しひねって
見やすくしてほしいですが、
いる魚達やショーはレベル高い。

目玉は水中を進むエスカレーターと、
白イルカやアザラシ、オットセイなどの
ショータイムでしょう。
観客もどこにこんなにいたのか
ショーの時はわんさか出てきます。
天気のよい土日は満席覚悟の勢い。

今回の水窓はサメでした。

水窓 -箱根園水族館-

  • 2007.06.03 Sunday
  • 15:11


神奈川県箱根町には水族館があります。
芦ノ湖の畔、遊覧船の発着場の奥
箱根園というレジャースポットの中です。

入場料は1300円。
割引券持参で1100円になります
ここは知名度は低いけど
日本で最も高い位置にある海水水族館です。

大水槽では天井が吹き抜けていて
晴れた日には透き通った水を
抜ける日差しが奇麗です。
魚も争う事無くゆったりでした。

大雨とアロエ

  • 2007.06.01 Friday
  • 21:46

NO.1/4 @21:00 p.m.
昨日はすごい雨でした。
思いっきり濡れて家に帰りました。
雨に濡れるとなんだか気持ちいいです。
でもお陰でやたらに早く寝ました。


NO.2/4 @3:00 a.m.
やたらに早く寝たので
珍しい時間に目が覚めました。
もうこうなると寝れません。
仕方ないので三脚とアロエの鉢植えを
持って外に出てみました。


NO.3/4 @3:30 a.m.
結構寒い。住宅街は今日も静かです。
全く悪事も働いてないのに
警察官に怯える自分がいます。
怯えながら
マクロレンズだったらわざわざ
外出する必要なかったのでは?
などと考えてました。


NO.4/4 @4:00 a.m.
でました。
UFOでしょうか。
月の隣にうっすら。
夜の街は不思議がいっぱいです。
帰宅後、またお風呂に入りました。

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

author

selected entries

categories

archives

profile

others

search this site.

links

TWITTER FEED

FOREIGN PHOTOGRAPHERS

JAPANESE PHOTOGRAPHERS

Illustrator downloads

Book Seller Info

  • Hacknet
  • 代官山の洋書店、写真集から建築・インテリアも充実。東京都渋谷区恵比寿西1-30-10-1F。Tel:03-5728-6611。

  • 21st EDITIONS
  • 米国NYにオフィスがあり日本国内からも通販可。毎年職人本に送られるIPPY AWARDを受賞している。Tel:800-965-3536。Email 21st@21steditions.com

  • 書肆小笠原
  • 通販古書店、写真集が充実。絶版古書中心に扱う。埼玉県さいたま市南区大谷口5733-101。

  • RIN BOOKS
  • うちの近所にオフィスがある古本屋。洋書中心にアート関連書籍を扱う。ネット販売のみ。

  • ミキ書房
  • ネットのみの古本屋。在庫は少ないが、写真集で稀少絶版本も扱う。埼玉県さいたま市南区大谷口 1208-2-1号棟302号。Tel:048-883-4997。

  • 甘露書房
  • ネット販売のみだが古本を全般的に扱う。オリジナルプリントの取扱もあり。川崎市中原区新丸子東1-833。

  • BOOK CAFE RAINY DAY
  • 出版社SWITCHの地下。ギャラリーカフェのような作りでライブなどイベントもある。東京都港区西麻布2-21-28スイッチ・パブリッシングB1F 。Tel:03-5485-2134。

  • COW BOOKS
  • 暮しの手帖編集長の松浦弥太郎さんが主催。洒落た書籍空間。東京都目黒区青葉台1-14-1。Tel:03-5459-1747。

  • Dragonfly CAFE
  • COW BOOKSの支店。南青山のアートブックカフェ、2階にある。東京都港区南青山3-13-14-2F。Tel:03-3497-0807。

  • NADIFF
  • 写真美術館と現代美術館などに入ってる雑貨、アート書籍、ギャラリー空間。東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 1F。Tel:03-3446-4977。

  • BOOK OF DAYS
  • 新潟にある本屋さん。アート関連書籍に強く年中セールをしてる。

  • Shelf
  • ワタリウム美術館の裏にある古本屋、写真集に徹してる所がいい。東京都渋谷区神宮前3-7-4。Tel:03-3405-7889。

  • on Sundays
  • ワタリウム美術館の地下にある本屋。カフェとバーも併設。東京都渋谷区神宮前3-7-6。Tel:03-3470-1424。

  • 青山ブックセンター
  • 説明いらず、渋谷が本店だが個人的には六本木の方が落ち着く。東京都港区六本木 6-1-20。Tel:03-3479-0479。

  • ユトレヒト
  • 青山の根津美術館近くのお店、稀少本や雑貨も扱う。東京都港区南青山5-3-8 パレスミユキ2F。Tel:03-6427-4041。

  • SHIBUYA PUB&BOOKSELLERS
  • 説明。東京都渋谷区神山町17-3。Tel:03-5465-0588。

  • VACANT
  • マッチアンドカンパニーのギャラリー兼書店。東京都渋谷区神宮前3-20-13。Tel:03-6459-2962。

  • ジュンク堂池袋本店
  • サイン会やイベントを積極的に開く書店、大型店舗ならでは。東京都豊島区南池袋2-15-5。Tel:03-5956-6111。

  • 古書ビビビ
  • 下北沢にある巷にあふれる雑本は買い取りしもらえない。東京都世田谷区北沢1−40−8 土屋ビル1階。Tel:03-3467-0085。

  • ヴィレッジヴァンガード
  • 現在の店舗は350店を越えるとか。1号店は1986年、名古屋市天白区より。

  • BLIND BOOKS
  • 名前がいい、2009年オープン、値段は高め。東京都杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル2F左。Tel:03-5373-0907。

  • GALLERY MoMo
  • 六本木と両国にある、現代っぽい絵画が中心。東京都墨田区亀沢1-7-15 。Tel:03-3621-6813。

  • ひぐらし文庫
  • 鬼子母神の近く、年に一度の古本祭の際も見物。東京都豊島区雑司ヶ谷3−3−14。Tel:03-5944-9968。

  • ON READING / ELVIS PRESS
  • 名古屋だから簡単には行くことが出来ないけれど興味あり。名古屋市中区錦2-5-29。Tel:052-203-8024。

  • 恵文社
  • 真面目な店名らしからぬポップでリリカルな作り。京都市左京区一乗寺払殿町10。Tel:075-711-5919。

  • ガケ書房
  • 関係の"セコハンブックほうぼう"というところが写真集を多く扱う。京都市左京区北白川下別当町33。Tel:075-724-0071。

  • Calo Bookshop and Cafe
  • イベントなどを行う雑貨中心のお店。大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階。Tel:06-6447-4777。

  • モズブックス
  • ネットショップで路面店はなし、意外な写真関係書もある。大阪府和泉市室堂町5-1-7-807。Tel:0725-55-7906。

  • part time booksellers
  • デザインやアートが中心だが写真家の作品もある。杉並区高円寺南4-24-4-2F。Tel:03-6304-9698。

  • 古書ドリス
  • 現代アート/写真/デザイン/異端文学/映画に強い。徳島県板野郡北島町中村字本須114-5。Tel:088-677-6618。

  • Bueno Books
  • アーティストを抱えるスロープギャラリーも兼ねる。on line only。

  • 東塔堂
  • ギャラリースペースもある古書店。渋谷から徒歩10分。

  • SFT
  • スーベニアフロムトーキョー。六本木国立新美術館の地下にある基本雑貨屋。

  • 夏目書房
  • 神田にあるボヘミアンズギルドの販売元。ネットストアの在庫充実。

  • Dash Wood Books
  • アメリカの出版社、ライアンマッギンリーなど扱う。

Interior Shop Guide

  • pur annick
  • 原宿。ビーンバックのチェアやラグが充実。

  • シボネ青山
  • ベルコモンズのB1。大物小物全般的にセンスいい。

  • Cassina
  • 不朽の名作を復刻して普及させてるカッシーナ。

  • General Store
  • インダストリアル系統の雑貨インテリア。

  • MAISON GODNARSKI
  • 柔らかいガーリーな感じのインテリア。

  • 燕子花
  • カキツバタと読みます。アートと暮らせるインテリアショップ。

  • CONCIERGE
  • コンシェルジュグランドという代官山店がレトロでいい感じ。

  • maruse
  • 今は懐かしのフィラメント照明のショップ

  • equipee
  • 貴重なアンティークアイアン系のお店。

  • Graphio Buro
  • ワークインテリアでもデザイン的な物が集まる。

  • IRONGENIC
  • 高架下にあるアイアン系に強いお店。

  • boiserie
  • 学芸大にあるボワズリー。だいぶアンティーク。西洋風です。

  • SHP
  • 大型のリフォームや店舗デザインが得意。

  • 天童木工
  • あまり説明の必要も無い感じ。ネットショップも充実しています。

  • biotope
  • ナチュラルな北欧陶器のお店。

  • LIVING MOTIF
  • 六本木のAXISに入ってる手堅いインテリアショップ。

  • TOYO KITCHEN meuble
  • 廃墟をイメージしたモダンバロックのショールーム。

  • MITATE
  • 珍しいバス用品専門店。和。

  • ラ・クッチーナ
  • 日本で一番キッチン用品を扱ってると思います。

  • Flying Saucer
  • 銀座店のあるキッチン用品店。楽天も充実。

Travel Information

  • Hotels.com
  • 世界のホテル予約を行う。期間限定のセールやグローバルなネットワークが魅力。

  • Expedia
  • かしこい旅、エクスペディア。海外のホテル網は群を抜く、全て最低価格を保証している。

  • トラベルジグソー
  • 世界のレンタカー会社を網羅。所々扱っていない国については、abisなど各社サイトから。

  • 航空券.ネット
  • 国内外への航空券比較。札幌以外の北海道などなかなかお得な内容。

  • カウチサーフィン
  • ワールドワイドな「田舎へ泊まろう」を実現してるサイト。

  • じゃらん
  • いわずと知れたリクルート運営の旅行サイト。ふらっと宿をとるなら。

  • HIS
  • 海外旅行のHIS。店頭手数料7500円がウェブだとかからない。

  • GLOBAL WiFi
  • 海外専用のルーターサービス。

Travel Agency

Printing Company

Art Info

Original Print Info

Stock Photo Info

Others Info