ビューカメラとは

  • 2007.04.20 Friday
  • 23:10
ビューカメラ。
この言葉は日頃コンパクトカメラなどを中心に
使用している方には聞き慣れないかもしれない。

コダック社の定義では
「撮影レンズによってファインダースクリーンに
ダイレクトに映し出される映像を直接見て撮影するカメラ」
となっている。
が、これだと少し難解だ。

4×5や8×10に代表されるファインダーが
ガラスのスクリーンになっているタイプのカメラ
だと思うと分かりやすい。
なぜ、ビューカメラかと言うと、
ファインダーのスクリーンが
フィルム面と同位置、同サイズであるため、
撮影時にピント合わせ等で見ているその画面
そのものがフィルムに露光されるのだ。
つまり、写真そのものを見ているような
感覚があり、それがビューカメラと言われる所以だ。

なお、ひとつ補足すると
一眼レフはみたままが映ると言われているが、
実はそれはある意味間違っている。
一眼レフのファインダースクリーンには
ペンタプリズムを通して複雑にミラーで
リフレクトされた映像が見えているからだ。
また、見ている映像そのものがフィルムに焼き付けられる
訳ではなく、いくらかの一眼レフカメラでは
フィルムに焼き付けられる映像のうち数%は見えていない。
この誤差に慣れないと、そのカメラと仲良くなれない。
この誤差はパララックスと呼ばれる。

さて、ビューカメラは大型のカメラだ。
その大型カメラの中でも実に種類がある。
大きく分けると下の三種類に分類できる。
    --------------大型ビューカメラ-----------------
  • スタジオカメラ
    *モノレール式ビューカメラ
  • フィールドカメラ
    *折りたたみ式ビューカメラ
    *テクニカルビューカメラ
  • 特殊ビューカメラ
    *ハンドカメラ


一応ここで三種類をあげたが
基本的にビューカメラと言えば
モノレール式のカメラだと考えて間違いない。
そのため、この場ではモノレール式ビューカメラ
についての説明のみを掘り下げることとする。

モノレール式ビューカメラは、
一本の円筒やベンチレールが軸となり
レンズ部とファインダースクリーンを
蛇腹で繋いでいるもの。
簡単に言えばやはり4×5や8×10のことだ。
現在国内で市販されているモノレール式ビューカメラ
をここにまとめてみる。



各ビューカメラともサイズはフォーマットが決まっている。
標準としての4×5から大型の5×7、8×10がある。
それぞれのサイズをcmで表記すると以下の通りだ。
    -------------サイズフォーマット-----------------
  • 4×5 inch:10x12.5cm
  • 5×7 inch:12.5x17.5cm
  • 8×10 inch:20x25cm


ではこんな大型のビューカメラと一般的な
コンパクトや一眼レフとの違いはなんであるか。
もちろんフィルムのサイズが違うので大判で
アウト出来るのは確かに大きな利点だが、
撮影時にも歴然とした違いがある。

それはアオリ・ティルトの機能だ。
普通に高い建物を見上げれば
手前が大きく高い部分が小さく、
鉛筆のような先窄まりな映像として
目に映るはずだ。それは一眼レフなどの
ファインダーを通してみても同じ事で
パースペクティブはそのまま反映された絵になる。

これを任意的に垂直に戻すのがアオリだ。
アオリを操作するのはビューカメラに取り付けられた
ティルトを操作しておこなう。
ティルトは"傾き"を表す英語で
フロントとバックのスタンダードを
傾けて映像を任意の形にあおる物だ。

ティルトは一般的にベースティルトと
センターティルトの二つがフロントと
バック共に備わっている事が多い。
二つのティルトを持つ物をバイティルト、
またはボスティルトなどと呼ぶ。

また、スタンダードの支柱型にもよるが
可変軸ティルトと呼ばれるティルト軸が上下に
移動出来るタイプのものもある。
これをバリアブルアクシス・ティルトという。
この機能はとても複雑なアオリ操作に対応しており
非常に効率の良い操作が可能になっている。

このアオリの機能は現行の一眼レフ用レンズに
備わっているものやphotoshopなどで
パースペクティブを操作したりして
対処するなど回避方法もビューカメラでなくとも
様々あるのだが、やはり最も自然な、
本来のアオリはティルトの機能を使って行うことだ。

もちろんこの他にもバックシフトやら機能も
さることながらビューカメラの魅力はあるのだが
ここで書ききれるものでもないのでつまみ程度の
説明だけでやめておく。
ビューカメラのいい点は思い通りの絵作りが
行うためのほぼ全ての機能が備わっていることだろう。
そう安易に考えていいのかもしれない。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

author

selected entries

categories

archives

profile

others

search this site.

links

TWITTER FEED

FOREIGN PHOTOGRAPHERS

JAPANESE PHOTOGRAPHERS

Illustrator downloads

Book Seller Info

  • Hacknet
  • 代官山の洋書店、写真集から建築・インテリアも充実。東京都渋谷区恵比寿西1-30-10-1F。Tel:03-5728-6611。

  • 21st EDITIONS
  • 米国NYにオフィスがあり日本国内からも通販可。毎年職人本に送られるIPPY AWARDを受賞している。Tel:800-965-3536。Email 21st@21steditions.com

  • 書肆小笠原
  • 通販古書店、写真集が充実。絶版古書中心に扱う。埼玉県さいたま市南区大谷口5733-101。

  • RIN BOOKS
  • うちの近所にオフィスがある古本屋。洋書中心にアート関連書籍を扱う。ネット販売のみ。

  • ミキ書房
  • ネットのみの古本屋。在庫は少ないが、写真集で稀少絶版本も扱う。埼玉県さいたま市南区大谷口 1208-2-1号棟302号。Tel:048-883-4997。

  • 甘露書房
  • ネット販売のみだが古本を全般的に扱う。オリジナルプリントの取扱もあり。川崎市中原区新丸子東1-833。

  • BOOK CAFE RAINY DAY
  • 出版社SWITCHの地下。ギャラリーカフェのような作りでライブなどイベントもある。東京都港区西麻布2-21-28スイッチ・パブリッシングB1F 。Tel:03-5485-2134。

  • COW BOOKS
  • 暮しの手帖編集長の松浦弥太郎さんが主催。洒落た書籍空間。東京都目黒区青葉台1-14-1。Tel:03-5459-1747。

  • Dragonfly CAFE
  • COW BOOKSの支店。南青山のアートブックカフェ、2階にある。東京都港区南青山3-13-14-2F。Tel:03-3497-0807。

  • NADIFF
  • 写真美術館と現代美術館などに入ってる雑貨、アート書籍、ギャラリー空間。東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 1F。Tel:03-3446-4977。

  • BOOK OF DAYS
  • 新潟にある本屋さん。アート関連書籍に強く年中セールをしてる。

  • Shelf
  • ワタリウム美術館の裏にある古本屋、写真集に徹してる所がいい。東京都渋谷区神宮前3-7-4。Tel:03-3405-7889。

  • on Sundays
  • ワタリウム美術館の地下にある本屋。カフェとバーも併設。東京都渋谷区神宮前3-7-6。Tel:03-3470-1424。

  • 青山ブックセンター
  • 説明いらず、渋谷が本店だが個人的には六本木の方が落ち着く。東京都港区六本木 6-1-20。Tel:03-3479-0479。

  • ユトレヒト
  • 青山の根津美術館近くのお店、稀少本や雑貨も扱う。東京都港区南青山5-3-8 パレスミユキ2F。Tel:03-6427-4041。

  • SHIBUYA PUB&BOOKSELLERS
  • 説明。東京都渋谷区神山町17-3。Tel:03-5465-0588。

  • VACANT
  • マッチアンドカンパニーのギャラリー兼書店。東京都渋谷区神宮前3-20-13。Tel:03-6459-2962。

  • ジュンク堂池袋本店
  • サイン会やイベントを積極的に開く書店、大型店舗ならでは。東京都豊島区南池袋2-15-5。Tel:03-5956-6111。

  • 古書ビビビ
  • 下北沢にある巷にあふれる雑本は買い取りしもらえない。東京都世田谷区北沢1−40−8 土屋ビル1階。Tel:03-3467-0085。

  • ヴィレッジヴァンガード
  • 現在の店舗は350店を越えるとか。1号店は1986年、名古屋市天白区より。

  • BLIND BOOKS
  • 名前がいい、2009年オープン、値段は高め。東京都杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル2F左。Tel:03-5373-0907。

  • GALLERY MoMo
  • 六本木と両国にある、現代っぽい絵画が中心。東京都墨田区亀沢1-7-15 。Tel:03-3621-6813。

  • ひぐらし文庫
  • 鬼子母神の近く、年に一度の古本祭の際も見物。東京都豊島区雑司ヶ谷3−3−14。Tel:03-5944-9968。

  • ON READING / ELVIS PRESS
  • 名古屋だから簡単には行くことが出来ないけれど興味あり。名古屋市中区錦2-5-29。Tel:052-203-8024。

  • 恵文社
  • 真面目な店名らしからぬポップでリリカルな作り。京都市左京区一乗寺払殿町10。Tel:075-711-5919。

  • ガケ書房
  • 関係の"セコハンブックほうぼう"というところが写真集を多く扱う。京都市左京区北白川下別当町33。Tel:075-724-0071。

  • Calo Bookshop and Cafe
  • イベントなどを行う雑貨中心のお店。大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階。Tel:06-6447-4777。

  • モズブックス
  • ネットショップで路面店はなし、意外な写真関係書もある。大阪府和泉市室堂町5-1-7-807。Tel:0725-55-7906。

  • part time booksellers
  • デザインやアートが中心だが写真家の作品もある。杉並区高円寺南4-24-4-2F。Tel:03-6304-9698。

  • 古書ドリス
  • 現代アート/写真/デザイン/異端文学/映画に強い。徳島県板野郡北島町中村字本須114-5。Tel:088-677-6618。

  • Bueno Books
  • アーティストを抱えるスロープギャラリーも兼ねる。on line only。

  • 東塔堂
  • ギャラリースペースもある古書店。渋谷から徒歩10分。

  • SFT
  • スーベニアフロムトーキョー。六本木国立新美術館の地下にある基本雑貨屋。

  • 夏目書房
  • 神田にあるボヘミアンズギルドの販売元。ネットストアの在庫充実。

  • Dash Wood Books
  • アメリカの出版社、ライアンマッギンリーなど扱う。

Interior Shop Guide

  • pur annick
  • 原宿。ビーンバックのチェアやラグが充実。

  • シボネ青山
  • ベルコモンズのB1。大物小物全般的にセンスいい。

  • Cassina
  • 不朽の名作を復刻して普及させてるカッシーナ。

  • General Store
  • インダストリアル系統の雑貨インテリア。

  • MAISON GODNARSKI
  • 柔らかいガーリーな感じのインテリア。

  • 燕子花
  • カキツバタと読みます。アートと暮らせるインテリアショップ。

  • CONCIERGE
  • コンシェルジュグランドという代官山店がレトロでいい感じ。

  • maruse
  • 今は懐かしのフィラメント照明のショップ

  • equipee
  • 貴重なアンティークアイアン系のお店。

  • Graphio Buro
  • ワークインテリアでもデザイン的な物が集まる。

  • IRONGENIC
  • 高架下にあるアイアン系に強いお店。

  • boiserie
  • 学芸大にあるボワズリー。だいぶアンティーク。西洋風です。

  • SHP
  • 大型のリフォームや店舗デザインが得意。

  • 天童木工
  • あまり説明の必要も無い感じ。ネットショップも充実しています。

  • biotope
  • ナチュラルな北欧陶器のお店。

  • LIVING MOTIF
  • 六本木のAXISに入ってる手堅いインテリアショップ。

  • TOYO KITCHEN meuble
  • 廃墟をイメージしたモダンバロックのショールーム。

  • MITATE
  • 珍しいバス用品専門店。和。

  • ラ・クッチーナ
  • 日本で一番キッチン用品を扱ってると思います。

  • Flying Saucer
  • 銀座店のあるキッチン用品店。楽天も充実。

Travel Information

  • Hotels.com
  • 世界のホテル予約を行う。期間限定のセールやグローバルなネットワークが魅力。

  • Expedia
  • かしこい旅、エクスペディア。海外のホテル網は群を抜く、全て最低価格を保証している。

  • トラベルジグソー
  • 世界のレンタカー会社を網羅。所々扱っていない国については、abisなど各社サイトから。

  • 航空券.ネット
  • 国内外への航空券比較。札幌以外の北海道などなかなかお得な内容。

  • カウチサーフィン
  • ワールドワイドな「田舎へ泊まろう」を実現してるサイト。

  • じゃらん
  • いわずと知れたリクルート運営の旅行サイト。ふらっと宿をとるなら。

  • HIS
  • 海外旅行のHIS。店頭手数料7500円がウェブだとかからない。

  • GLOBAL WiFi
  • 海外専用のルーターサービス。

Travel Agency

Printing Company

Art Info

Original Print Info

Stock Photo Info

Others Info