白藤 -白い藤-

  • 2007.05.25 Friday
  • 11:06


紫色の藤はたまに見ますが、
この前はじめて白い藤をみた。
その日は青空の渓谷をあるき
何ともすがすがしい気分。

帰りにこの道を通ると行きは
青空をバックにさわやかだった
白い藤が夕日を背にして
なんとも色っぽい感じ。
白いから紫よりも奇麗に
その色を変えてくれるようです。


白い藤。
どことなく艶やかで奥深い。
興味を持ったので調べてみたら
JRの"そうだ、京都いこう"
のキャンペーンサイト
にも
白い藤が乗っていました。

確かに言われてみると京都にありそうな感じです。
場所は"詩仙堂"というところ。
京都御所の場所もよくわからない私が
わかるわけもありません。

他には検索で
新潟の白山公園や
貝ヶ森中央公園が出てきました。
興味がある方は行ってみるといいかもしれません。

枯葉で昼寝コ

  • 2007.05.24 Thursday
  • 23:10


枯葉でお昼寝、ゴロ寝コ。
こいつ可愛い。
食い入るように見てしまいました。
出会ったのは文京区根津。
そこにある有名なお寺と言えば
根津地区の観光代表"根津神社"。

ここではゴールデンウィークあたりに
"つつじ祭り"というのをやります。
それに行ったら裏道でこいつと
出会ってしまった訳です。
こいつ可愛い。
と柄にも無く繰り返して書きたくなります。

ツツジといえば、群馬県館林の方にある
つつじが岡公園にもゴールデンウィーク
あたりに行ってきました。
花盛りの丘は迷い込む様な
つつじの森でした。

関東は水芭蕉が咲き始めますねそろそろ。
今日から尾瀬開きでしたし。
と、あれは東北ですね。
北海道は今シバザクラが満開らしいです。

なんて今日は猫と花の記事でした。

葛西臨海公園水族館 -love-

  • 2007.05.24 Thursday
  • 00:10

魚と亀は最近仲がいいみたいです。
一緒にゆらゆらと泳いでいます。
ゆっくり泳ぐ魚とふわっとした亀。
のんびりで癒されます。


今度はやたら早く泳ぐまぐろ。
その早い動きを捉えるのは大変なので
寧ろぐにゃぐにゃにしてみました。


まぐろに驚くひとたち。
ええ、葛西臨海公園水族館は
今日も盛り上がってますぞー。

葛西臨海公園水族館 -rhythm-

  • 2007.05.22 Tuesday
  • 12:39


この水槽は青い体と黄色い尾びれの
とても奇麗な魚が沢山いる。
光る様に泳ぐ彼らは水族館の人気者だ。

けれど、一匹だけ青も黄色もない
薄白い魚がまじっている。
体の色も泳ぐリズムも目の大きさも違う。

目立たない彼だけをじっと見てみる。
やっぱり彼だけリズムが違う。
それはまるで、ゆったりと青空を飛ぶ鳥ようだ。

優しく尾びれを揺らす。
滑らかに水の中を縫って泳ぐ。
そして、ゆっくりとした柔らかいターン。

周りに惑わされない彼の泳ぎは
他のどの魚よりも優雅で魅力的だった。


参考:モデル魚 "ウメイロモドキ"とは  
  :葛西臨海公園水族館"ZOONET"
  :アクセスと料金、及び営業時間のご案内

Photo Story "Undergrowth"(全11話)

  • 2007.05.22 Tuesday
  • 00:33

NO:1/11
depth:0
「僕はどういう写真が撮りたいんだろう。」

翌朝、目を開けると僕は森の中にいる。
見上げた空を木が覆う。
それは何かを隠しているかのようだ。


NO:2/11
depth:1
「僕はどういう写真が撮りたいんだろう。」

森の奥に答えがあるような気がした。
ためらう僕を森の声が誘う。
「昇れ、答えは森の奥にある。」


NO:3/11
depth:1
視界が開けた。
木は僕を囲み、見張っているようだ。
いつ出来たとも知れぬ階段が続く。
道があるなら進むしかない。


NO:4/11
depth:2
鳥の声も、虫の音もしない。
ここはとても深く、静かだ。
錆びた鉄を叩く足音だけが滲むように響く。
僕はこの先にあるものが何か、知りたい。
悩む足を前に出すのはいつも好奇心だ。


NO:5/11
depth:3
もうどれくらい歩いただろうか。
森のどこにいるのか分からなくなって
2時間くらい経っただろう。
なお、深く、その道は僕の行く手を阻む。

「進め、答えは森の奥にある。」
森の声は僕の脳裏に語りかけるのをやめない。


NO:6/11
depth:4
小さな滝が流れている。
五月、まだ温かいとは言い難い季節だ。
慎重に助走を付けて対岸へ渡る。

「僕はどういう写真が撮りたいんだろう。」

答えと一緒に着地した足はぬかるみに沈んだ。


NO:7/11
depth:5
かなり奥まで入っただろう。
踏まれる事を忘れた苔が通路を覆う。
もう数十年前に閉ざされた道だ。

森の声は次第に大きく聞こえるようになる。
「考えろ、答えは森の奥にある。」


NO:8/11
depth:3
まだこの道は上に向かう。
けれども山の入り口とは反対側に来た。
久しぶりに見た太陽が僕にそう伝えている。

耳を澄ますと山の声にまじり
遠くで水の流れる音がする。
相変わらず生き物の声は聞こえない。


NO:9/11
depth:3
ねじれた木が僕に尋ねる。

「僕はどういう写真が撮りたいんだろう。」

この深い森は、森そのものが呼吸をして
会話をしているようだ。

次第に水の音が大きくなる。


NO:10/11
depth:1
「僕はどういう写真が撮りたいんだろう。」

これは僕の声じゃない。
森の声だ。

僕は初めて口を開く。
「答えはもうすぐそこだ。」


NO:11/11
depth:0
深い森を抜けた。
目の前に流れる川を渡れば、
そこには、もう森はない。

僕は、静かに目を閉じる。
そして、静寂の中で耳を澄ます。
耳なりの様に続いた声はもう聞こえない。

森の奥にあったもの。
それは辺りを見回し、進む自分の姿だ。

僕は靴を脱ぐと流れる川に一歩を踏み出す。
渡りきる前に後ろを振り向く。
深い森が大きくそびえている。

森は迷い込んだ者の悩みを聞くのではなく、
迷い込んだ者と一緒に考えてくれていたんだ。

僕はここに来た証を、右手の傘に託して突き立てる。
前を向きなおり最後の一歩を踏み出す。
手ぶらになった右手を見つめる。

「答えは自分の中にある。」

千鳥ヶ淵 -満開の桜-

  • 2007.04.03 Tuesday
  • 23:31

東京の桜の名所"千鳥ヶ淵"に行ってきました。
千代田区いちの花見所。
全国的にも有名なようです。

緑道が4月の4日までライトアップされ
夜は22時まで桜を楽しむ事が出来ます。
でもかなりの人なのでご注意。
緑道に入るための列は少なくとも
40〜50分くらいは覚悟しないと
駄目でしょう。
私は断念しました。

でも緑道に入らずとも橋からの景色だけで
十分に奇麗です。


桜のもとで働く警備員さんの
紺色のスーツと桜の薄紅色の
コントラストが何とも言えず
素敵な感じです。

こんな所に配属されたら
仕事になりません。

いや、私ならの話です。


総数260本のソメイヨシノが僕らを囲みます。
冗談、これは私ではなく知らないカップル。
でもこんな風に桜の下で
桜の花びらを切り開きながら
ボートにのれたら幸せですね。


実は千鳥ヶ淵は靖国神社の
隣にあります。
駅で言うと九段下が最寄り駅。
靖国神社にはちょっと変わった
灯籠があったので撮影してみました。
いや、なんだか幽玄な感じが
たまらないです。

しかも靖国神社では桜が咲いてる
期間中は桜祭りと称して
やたら盛大に露天が立ち並び
飲めや食えやの騒ぎです。
これもなんだか江戸な粋が
感じられまた一興です。

沖縄土産とオカヤドカリ

  • 2007.04.03 Tuesday
  • 00:21


沖縄の貝殻をもらいました。
500円で購入したらしいです。
しかも15個くらい。
今うちの石けん入れに使われてます。
カラフルなbodyshopの石けんと
なんだか相性がいい気がします。

うちはbody shop soap OLIEVEていうのを
使ってるようです。
これやばいいい香り。
と話がずれました。

撮影する時に思ったのですが
うちはとても雑草が多い。
この草も雑草
なんだか知らないうちに生えてました。

普通は雑草というと
いやがられがちですけど
うちのは結構絵になる
雑草な気がします。
紫色のハナとか、
あとスミレとかも植えた
記憶がないのに今玄関に咲いてます。
枯れにくいのに奇麗でいい感じ。


バックのセピアに
溶け込んでいくような雑草です。
もうこうなると雑草というより
立派なモデルな気がします。

身の回りの雑多な物を
一流のモデルに出来ちゃうのも
カメラの魅力ですね。

そうそう、沖縄でちょっと
ネットを見ていたら
オカヤドカリとかいう新種の
ペットが出てきました。
いろんな種類が居るようですけど
やたら目がでかい。

これが沖縄の浜辺にうろついてたら
とりあえず航空券はキャンセルしますが
一匹くらい家にいてもいい感じ。
ちなみに寒さに弱いらしく
ヒーター付けたり意外に世話が大変そう。
クラゲとか飼ってる人は好きそう。
でもクラゲは実はとても危険な奴です。

番傘 -空に舞う和の心-

  • 2007.03.29 Thursday
  • 10:20

番傘の撮影をしました。
その数30本。
太陽光を使って背景を緑に。
差し込むヒカリと相まって
まさに自然な感じに仕上がりました。


ラナンの花の紫に輝く様に傘が後ろで光ってます。
番傘が男らしいなら、
このラナンはとても女性的な魅力がある
とても繊細な花です。
イエローオーバー、どこか
ロマンティックな雰囲気。


実は番傘はこんな風に木に
結ばれていました。
傘は風に舞う。
なんていう私のイメージを
風のないスタジオで形にしてみました。


色とりどりの傘。
さて、そういえば番傘って。
実はかく言う私も最近まで
よく知りませんでした。
番傘は昔は一般的に男性に
使用されており、紙と木で出来た
おそらく想像に違わない品。
和傘の代表者のひとつです。
一言に和傘といっても色々種類があるようです。

-----和傘の色々------
  • 蛇の目傘
  • 番傘(番奴とも言うらしいです)
  • 紙舞傘(絹舞傘もあるそう)
  • 寿傘
  • 野立傘(野点傘とも)
  • 羽二重傘



    色々和傘は種類があるようですが
    最近は和服や着物を着たときのみ
    にしか使われなくなっているようです。
    残念ながら東京で目にすることは
    ほとんどなくなってしまいました。
    「竹骨に唐紙(この写真にも唐人とありますね)」
    の姿は長く使えば、その紙の色を飴色に変えて
    雨に打たれればリズムを織りなすそう。


    ではフィナーレにスピンをお見せして、
    トリプルトリプル金メダル?

  • 桜に蝶

    • 2007.03.11 Sunday
    • 23:46


    またお花見いっちゃいました!
    桜の中に蝶々が。
    この前は南国インコでしたが
    今度は南国バタフライ。
    もちろんCGとか合成ではないです。

    今日は打ち合わせの後
    買い物に行ってきました。
    新宿eddificeエディフィスに取り寄せた
    パンツが来たらしく取りに行きました。
    その後、エディフィスの大元ベイクルーズ
    がやってる渋谷のアウトレットに行ってきました。
    そこではシャツを購入。
    なんだかショッピングな一日でした。

    今回は珍しくかなり日記調な
    記事を書かせて頂きました〜。

    夜桜 -満月とお花見-

    • 2007.03.08 Thursday
    • 22:36

    うわー、日記書いてたらsafariが落ちて全部消えた。
    珍しいです。
    しかも保存してなかったのでショックが。
    wordとかmailでも同じ事もう一度書くのって
    どうにもやるきでないんだよなー。

    気を取り直し。

    夜桜見てきました!
    おととい。満月があまりにも奇麗だったので
    三脚かついでカメラ首にかけて。
    寝間着だし深夜だし、多分まわりの人には
    かるく怪しまれたことでしょう。

    でも奇麗です。
    月ってのは本当あかるい。
    桜も照らされて何とも言えず美しい。
    花びらが輝いてます。
    自然のイルミネーションにやられました。

    けど、とても寒い。
    今日は結構風邪気味で微妙に頭いたい。


    毎年お花見は井の頭公園に行くんですが
    今年は夜桜とか推薦してみようかな。
    絶対奇麗だ!
    けど、酔っぱらいとアベックに絡まれるのは
    ちょっと、いやとってもバツだなー。

    さて、今日は青山の事務所にお伺いしました。
    青山の後は表参道で撮影でした。
    青山の打ち合わせでは先方の方からとても
    いいお話を聞いてしまいました。
    素晴らしくインプレッション。
    文字だと説明出来ません。
    でも無理矢理書いてみます。


    人も会社も経済も、
    夢がなくなったら終わりだよ。
    やりたいことなきゃ
    何でも腐ってくんだ。

    独占市場でこれ以上
    新たな成長の可能性が
    ない企業はもう守りにはいる。

    人もたとえ社長になったって
    利益あげたって、
    とにかく稼いでるだけだとだめ
    ってこと聞いた気がする。

    やりたいことがある人は強い。
    何かを成し遂げる原動力。
    成長の可能性。

    来年のとある大企業の目標
    "社長の貯金を増やす事"

    再来年の社長の目標
    "この企業を高く売却する事"

    それじゃあ確かにどんなに
    稼いでても腐るなー。
    社長が稼ぐのは贅沢するため?
    余力のある企業は何か発展的なこと
    しなきゃ、うんそれは人にも言えるかな。


    と、だんだん何書いてるかまとまらず。
    今日は朝から調子悪いんです。
    夜桜見に行って撮りにいって
    寒かったから風邪でも引いたかな。
    早めに寝るかな。

    << | 2/3PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    author

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    others

    search this site.

    links

    TWITTER FEED

    FOREIGN PHOTOGRAPHERS

    JAPANESE PHOTOGRAPHERS

    Illustrator downloads

    Book Seller Info

    • Hacknet
    • 代官山の洋書店、写真集から建築・インテリアも充実。東京都渋谷区恵比寿西1-30-10-1F。Tel:03-5728-6611。

    • 21st EDITIONS
    • 米国NYにオフィスがあり日本国内からも通販可。毎年職人本に送られるIPPY AWARDを受賞している。Tel:800-965-3536。Email 21st@21steditions.com

    • 書肆小笠原
    • 通販古書店、写真集が充実。絶版古書中心に扱う。埼玉県さいたま市南区大谷口5733-101。

    • RIN BOOKS
    • うちの近所にオフィスがある古本屋。洋書中心にアート関連書籍を扱う。ネット販売のみ。

    • ミキ書房
    • ネットのみの古本屋。在庫は少ないが、写真集で稀少絶版本も扱う。埼玉県さいたま市南区大谷口 1208-2-1号棟302号。Tel:048-883-4997。

    • 甘露書房
    • ネット販売のみだが古本を全般的に扱う。オリジナルプリントの取扱もあり。川崎市中原区新丸子東1-833。

    • BOOK CAFE RAINY DAY
    • 出版社SWITCHの地下。ギャラリーカフェのような作りでライブなどイベントもある。東京都港区西麻布2-21-28スイッチ・パブリッシングB1F 。Tel:03-5485-2134。

    • COW BOOKS
    • 暮しの手帖編集長の松浦弥太郎さんが主催。洒落た書籍空間。東京都目黒区青葉台1-14-1。Tel:03-5459-1747。

    • Dragonfly CAFE
    • COW BOOKSの支店。南青山のアートブックカフェ、2階にある。東京都港区南青山3-13-14-2F。Tel:03-3497-0807。

    • NADIFF
    • 写真美術館と現代美術館などに入ってる雑貨、アート書籍、ギャラリー空間。東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4 1F。Tel:03-3446-4977。

    • BOOK OF DAYS
    • 新潟にある本屋さん。アート関連書籍に強く年中セールをしてる。

    • Shelf
    • ワタリウム美術館の裏にある古本屋、写真集に徹してる所がいい。東京都渋谷区神宮前3-7-4。Tel:03-3405-7889。

    • on Sundays
    • ワタリウム美術館の地下にある本屋。カフェとバーも併設。東京都渋谷区神宮前3-7-6。Tel:03-3470-1424。

    • 青山ブックセンター
    • 説明いらず、渋谷が本店だが個人的には六本木の方が落ち着く。東京都港区六本木 6-1-20。Tel:03-3479-0479。

    • ユトレヒト
    • 青山の根津美術館近くのお店、稀少本や雑貨も扱う。東京都港区南青山5-3-8 パレスミユキ2F。Tel:03-6427-4041。

    • SHIBUYA PUB&BOOKSELLERS
    • 説明。東京都渋谷区神山町17-3。Tel:03-5465-0588。

    • VACANT
    • マッチアンドカンパニーのギャラリー兼書店。東京都渋谷区神宮前3-20-13。Tel:03-6459-2962。

    • ジュンク堂池袋本店
    • サイン会やイベントを積極的に開く書店、大型店舗ならでは。東京都豊島区南池袋2-15-5。Tel:03-5956-6111。

    • 古書ビビビ
    • 下北沢にある巷にあふれる雑本は買い取りしもらえない。東京都世田谷区北沢1−40−8 土屋ビル1階。Tel:03-3467-0085。

    • ヴィレッジヴァンガード
    • 現在の店舗は350店を越えるとか。1号店は1986年、名古屋市天白区より。

    • BLIND BOOKS
    • 名前がいい、2009年オープン、値段は高め。東京都杉並区高円寺北2-7-13高円寺銀座ビル2F左。Tel:03-5373-0907。

    • GALLERY MoMo
    • 六本木と両国にある、現代っぽい絵画が中心。東京都墨田区亀沢1-7-15 。Tel:03-3621-6813。

    • ひぐらし文庫
    • 鬼子母神の近く、年に一度の古本祭の際も見物。東京都豊島区雑司ヶ谷3−3−14。Tel:03-5944-9968。

    • ON READING / ELVIS PRESS
    • 名古屋だから簡単には行くことが出来ないけれど興味あり。名古屋市中区錦2-5-29。Tel:052-203-8024。

    • 恵文社
    • 真面目な店名らしからぬポップでリリカルな作り。京都市左京区一乗寺払殿町10。Tel:075-711-5919。

    • ガケ書房
    • 関係の"セコハンブックほうぼう"というところが写真集を多く扱う。京都市左京区北白川下別当町33。Tel:075-724-0071。

    • Calo Bookshop and Cafe
    • イベントなどを行う雑貨中心のお店。大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階。Tel:06-6447-4777。

    • モズブックス
    • ネットショップで路面店はなし、意外な写真関係書もある。大阪府和泉市室堂町5-1-7-807。Tel:0725-55-7906。

    • part time booksellers
    • デザインやアートが中心だが写真家の作品もある。杉並区高円寺南4-24-4-2F。Tel:03-6304-9698。

    • 古書ドリス
    • 現代アート/写真/デザイン/異端文学/映画に強い。徳島県板野郡北島町中村字本須114-5。Tel:088-677-6618。

    • Bueno Books
    • アーティストを抱えるスロープギャラリーも兼ねる。on line only。

    • 東塔堂
    • ギャラリースペースもある古書店。渋谷から徒歩10分。

    • SFT
    • スーベニアフロムトーキョー。六本木国立新美術館の地下にある基本雑貨屋。

    • 夏目書房
    • 神田にあるボヘミアンズギルドの販売元。ネットストアの在庫充実。

    • Dash Wood Books
    • アメリカの出版社、ライアンマッギンリーなど扱う。

    Interior Shop Guide

    • pur annick
    • 原宿。ビーンバックのチェアやラグが充実。

    • シボネ青山
    • ベルコモンズのB1。大物小物全般的にセンスいい。

    • Cassina
    • 不朽の名作を復刻して普及させてるカッシーナ。

    • General Store
    • インダストリアル系統の雑貨インテリア。

    • MAISON GODNARSKI
    • 柔らかいガーリーな感じのインテリア。

    • 燕子花
    • カキツバタと読みます。アートと暮らせるインテリアショップ。

    • CONCIERGE
    • コンシェルジュグランドという代官山店がレトロでいい感じ。

    • maruse
    • 今は懐かしのフィラメント照明のショップ

    • equipee
    • 貴重なアンティークアイアン系のお店。

    • Graphio Buro
    • ワークインテリアでもデザイン的な物が集まる。

    • IRONGENIC
    • 高架下にあるアイアン系に強いお店。

    • boiserie
    • 学芸大にあるボワズリー。だいぶアンティーク。西洋風です。

    • SHP
    • 大型のリフォームや店舗デザインが得意。

    • 天童木工
    • あまり説明の必要も無い感じ。ネットショップも充実しています。

    • biotope
    • ナチュラルな北欧陶器のお店。

    • LIVING MOTIF
    • 六本木のAXISに入ってる手堅いインテリアショップ。

    • TOYO KITCHEN meuble
    • 廃墟をイメージしたモダンバロックのショールーム。

    • MITATE
    • 珍しいバス用品専門店。和。

    • ラ・クッチーナ
    • 日本で一番キッチン用品を扱ってると思います。

    • Flying Saucer
    • 銀座店のあるキッチン用品店。楽天も充実。

    Travel Information

    • Hotels.com
    • 世界のホテル予約を行う。期間限定のセールやグローバルなネットワークが魅力。

    • Expedia
    • かしこい旅、エクスペディア。海外のホテル網は群を抜く、全て最低価格を保証している。

    • トラベルジグソー
    • 世界のレンタカー会社を網羅。所々扱っていない国については、abisなど各社サイトから。

    • 航空券.ネット
    • 国内外への航空券比較。札幌以外の北海道などなかなかお得な内容。

    • カウチサーフィン
    • ワールドワイドな「田舎へ泊まろう」を実現してるサイト。

    • じゃらん
    • いわずと知れたリクルート運営の旅行サイト。ふらっと宿をとるなら。

    • HIS
    • 海外旅行のHIS。店頭手数料7500円がウェブだとかからない。

    • GLOBAL WiFi
    • 海外専用のルーターサービス。

    Travel Agency

    Printing Company

    Art Info

    Original Print Info

    Stock Photo Info

    Others Info